『歴史学の思考法』

この度、本部会では以下の本を刊行しました。駒場で学びたい方も、歴史学にご関心のある方も、ぜひ手に取っていただければと思います。

  

 はじめに

 【第Ⅰ部 過去から/過去を思考する】

 1.歴史に法則性はあるのか(桜井英治)

 2.過去の痕跡をどうとらえるのか(渡辺美季)

 3.時間をどう把握するのか(田中 創)

 【第Ⅱ部 地域から思考する】

 4.人びとの「まとまり」をとらえなおす(杉山清彦)

 5.現代社会の成り立ちを考える(黛 秋津)

 6.植民地主義と向き合う(岡田泰平)

 【第Ⅲ部 社会・文化から思考する】

 7.世界像を再考する(大塚 修)

 8.内なる他者の理解に向けて(長谷川まゆ帆)

 9.当たり前を問う、普通の人びとを描く(岩本通弥)

 【第Ⅳ部 現在から/現在を思考する】

 10.「近代」の知を問いなおす(井坂理穂)

 11.アナクロニズムはどこまで否定できるのか(山口輝臣)

 12.「私たちの歴史」を超えて(外村 大)

  

岩波書店のサイト